前へ
次へ

歩行中の交通事故で過失が認められる時

自動車と歩行者の交通事故において良くあるのは横断歩道を渡っているときの接触でしょう。自動車が信号無視をするケースもあれば、歩行者側が信号無視をするときもあります。ただ同じ信号無視でも自動車が行えば過失割合はかなり高くなります。一方歩行者が行ったときは歩行者が悪いにも関わらず自動車側の注意不足による過失が大きく取られるときもあります。いくら信号があるとしても歩行者の様子をしっかり確認して運転する必要がありそうです。歩行者の立場においても交通事故は注意が必要で、歩道を歩いていて自動車と接触するなどのトラブルに巻き込まれるかもしれません。となると100パーセント自動車に過失がありそうですが、後々確認すると歩行者側にも過失があってその分の損害賠償が相殺されるときがあります。自動車保険に加入していない人は交渉は自分で行う必要があるので、できれば法律事務所に交渉を依頼した方が良いでしょう。なぜ歩行者なのに過失があるのか納得した状態にする必要があります。

Page Top