前へ
次へ

交通事故は届出を出す事が大事

交通事故に遭ってしまったりしたときにはまずはやるべきことがあります。それが警察への届出や加害者の情報収集など、そして意外と大事なこととしてあるのが、証人の確保です。加害者から警察に届けるというのは義務なのですが被害者も届け出を出す必要性があります。怪我を負った場合などにはケガを負いましたという届出を出さないと人身扱いにならないということがあります。後から、というのもできないわけではないのですが証拠を固めるのが非常に難しくなりますから、少しでもぶつかったりしたのであればきちんと警察に届けるようにしましょう。交通事故では場合によってはものすごい金額の賠償金となったりすることもありますので車の人たちは任意保険に加入している人が多いです。もし、多額の賠償金、慰謝料ということになっても基本的には保険から出されることになりますから、被害を受けた側としても痛みとかその後の不具合などはともかくとして金銭的に補償される可能性は高いです。

Page Top