前へ
次へ

交通事故の過失割合とは

交通事故には過失割合というのがあります。どちらがどのくらい悪いのかということを決めることであり、それによって極端な話どっちが悪かったのかということをはっきりさせられます。しかし、歩行者と車というのであれば車がほとんど悪いということはあったりするのですが、車ということになりますとかなり相手が致命的な違反をしていたとかでもない限り自分の過失をゼロにするということが難しかったりします。そういうパターンとしてよくあるのが後ろから衝突されたとか相手が猛スピードで信号を無視した上でこちらの車線に突っ込んできたとかそういうレベルの事故でない限り過失が少なからずこちらにもあったりする状況としっかり認定されてしまうので実はかなり交通事故での過失割合をゼロにするというのは難しいことになります。特に交差点での車同士の事故となりますと相手が信号無視している状態であろうとも厳しいことが多いので覚悟しておきましょう。

Page Top