前へ
次へ

交通事故に合わないための対策を知る

交通事故と言えば、よくニュースやネット記事で見かける項目となります。そしてこれは自動車を運転する人はもちろん、歩道を利用する方にも身近なアクシデントであり、状況によっては大事故につながる場合もあります。その中で特に運転者は交通事故のリスクを考えて運転する必要があり、意識して回避を行っていく必要が出てきます。そこで、考えて億ポイントなどをしっかりと頭に定着させて安全運転を心がていかれるといいでしょう。まず交通事故の中でもよく発生するのが後続車による事故です。前を走る車と車間距離が近く、急ブレーキや急な原則に対応できずぶつかってしまうアクシデントですが、これは車間距離を意識することで簡単に回避できます。車間距離はスピードに比例すると言われており、早ければ早くなるほど広く車間距離を取る必要があります。車間距離を広くとることができれば、視野を広くとることができ、余裕を持った行動ができますので、もしも急停止した前方の車があっても判断までに余裕を取ることができるでしょう。また、その他のアクシデントとしては巻き込み事故というものがあり、左折時に路肩を走る自転車や原付と接触してしまうというものになります。これはサイドミラーだけでは対応できないアクシデントであり、確実に目視確認を行う必要があります。夜道などを走る場合、ライト点灯を行っていない通行者もたくさんいます。サイドミラーで見ることができる範囲は限られていますので、危ない場所などは確実に目視確認を行いましょう。また左折することがわかっていれば、レーンに入る前から準備的にサイドミラーを確認しておかれるといいでしょう。また左側にある歩道などを確認しておくのも有効となります。少しの意識が交通事故のリスクを大きく減らしてくれますし、誰もが快適に運転できる環境を作り出すことができます。急がば回れというように、少しの手間がスムーズな交通につながっていきますので、運転中意識することを心がけていかれるといいかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top